お部屋を北欧風にするためのインテリア

北欧風インテリア情報提供サイト

自然なあたたかさを感じられる北欧風インテリア

大きな家具は購入するのにまとまったお金が必要となります。 今あるものを処分する必要が生じますし、置き場所も取られてしまいます。 お部屋を北欧風にしたいと思ったら、まずは1枚購入するだけで雰囲気を変えることができる布製品など比較的簡単に取り入れられるものから始めてみるのが良いでしょう。

まずは取り入れやすいものから

北欧とは、フィンランド、ノルウェー、スウェーデン、デンマーク、アイスランドなどの北ヨーロッパの国や地域のことです。
1年中雪と氷に覆われた国のようなイメージがありますが、北欧には四季がある国が多くあります。
短い春と秋があり、夏は午前3時ごろに日の出を迎え、日の入は午後22時頃です。
北極圏に近い地域では、太陽が沈まず明るいままの白夜と、逆に太陽がまったく昇らない極夜があります。
冬の最低気温は-7℃ほどと寒く、夜が長いので必然的に家の中で過ごす時間が長くなります。
冬の日の入りは15時過ぎ頃と早いです。
長い夜を家の中で快適に心地よく過ごせるようにするための工夫がたくさんあります。

ちなみに、北欧の国々は幸福度ランキングで上位に入っています。
学費や医療費が無料だったりと社会保障が手厚く、仕事よりも家庭を優先できるなどがその理由のようです。

日本からは、フィンランドの首都ヘルシンキまで約10時間30分、デンマークの首都コペンハーゲンまで約11時間30分と遠いですが、北欧デザインのものは私たちのまわりにたくさんあります。
たとえば、家具のIKEAやイルムス、ファッションのH&Mやマリメッコ、おもちゃのLEGOに、車のボルボも北欧で誕生したものです。
北欧風のデザインは、シンプルで洗練されているのが特徴です。
北欧風のインテリアにするには、モノトーンですっきりとまとめたり、木のあたたかみを感じられる家具を揃えたり、ポイントでカラーを取り入れると良いでしょう。

おすすめリンク

1つ足すだけで違う

北欧というと豊かな森や湖をイメージされる方も多いのではないでしょうか。 北欧の人々にとって、自然は生活と密接なかかわりがあります。 見た目にも優しく、見る者の心をなごませてくれる緑は家の中にも欠かせません。 北欧風のお部屋にするには緑をどのように活用することがポイントとなるのでしょうか。

北欧風のあたたかなライト

北欧の冬は夜が長いので、家の中で快適に暮らすためにはあたたかみのあるライトが欠かせません。 気に入った形のライトのあたたかい灯りがあれば、よりゆったりとくつろいで過ごすことができます。 北欧風のライトを選ぶポイントはどのようなところにあるのでしょうか。